go to mobile

国民の幸せを創造する企業JDC

機関紹介

Home > 機関紹介 > 経営ビジョン > 経営哲学

経営哲学

Mission

済州の価値創出を通じて、
成長と共存が調和をなす国際自由都市を造成する

国際自由都市の造成のため、済州の価値を創出する戦略を最優先に追求し、持続可能な成長と共存を提示

ビジョン

済州の未来価値を創出するグローバル先導企業

国際自由都市造成の必須要素として「済州の特性を生かした未来価値の創出」と「グローバル先導」を設定

Core value

  • 開放

    国際自由都市の造成を通じて、人、商品、資本が自由に移動

  • 革新

    既存の枠組みを超え、新しい事業と運営、組織に変化

  • 共存

    済州自治道、道民との協業を通じて社会的価値を実現

機関長の経営方針

SMART JDC, Level-up Together
スマート経営で国民と共にワンランク飛躍するJDC

機関の対外的かつ対内的な経営現況を機関長が的確に認識し、国民(道民)中心の愛される公企業として飛躍するための経営方針を設定する。

経営方針

  • 成熟した開発

    済州の環境的・文化的特性を活かしつつ、固有の価値を高める開発を追求 (未来経営)

  • 積極的な意思疎通

    様々な利害関係者との意思疎通を通し、顧客中心の協力的開発を追求
    (サービス経営)

  • 創造的思考

    既存の枠を壊し、新たなアイデアによる果敢な組織発展を企図
    (創造経営)

段階別ロードマップ

  • 新たな未来の
    ための変化

    · 成熟した開発の基盤強化
    · 顧客とのコミュニケーション志向
    · 組織の刷新及び正常化

  • 変化を通じた創意的な
    成果を創出

    · 成熟した開発の具体化
    · 同伴成長や協力を強化
    · 創意的な経営管理を強化

  • 国民中心の愛される
    公企業への跳躍

    · 国際自由都市造成の可視化
    · 共存協力の共通価値を増大
    · 持続的な革新体系を構築