go to mobile

同伴成長、共生経営

事業情報

Home > 事業情報 > 観光 > 済州航空宇宙博物館

済州航空宇宙博物館

航空宇宙科学の
全て、

航空宇宙科学の体験教育を中心にした博物館で、国内外の主な科学館・博物館との業務契約、継続的な新規コンテンツ開発を通じ、世界最高レベルの教育・文化施設として躍進するために努力しています。

go to website   

事業概要

  • 航空宇宙をテーマにした観光と体験中心の教育観光インフラを構築
  • 総事業費1,463億ウォン(第2次開発センターの施行計画修正計画期間内の総事業費)
    大地面積111,840.4㎡、建築面積14,166.18㎡、延べ面積30,166.64㎡、展示面積11,069.97㎡
  • 済州空港から約3分
위치소개

事業沿革

  • history 2018

    02月拡張現実雷レーシングテーマ館開場/運営及び大韓民国のブログアワード公共部門優秀賞受賞

  • history 2017

    12月博物館の展示観覧累積111万人を達成

    11月ディーン・ヘス大佐公的記念碑国家報勲処第45-2-52号ヒョンチュン施設の指定と博物館キャリア対象機関選定

    06月国立釜山科学館業務協約締結や教育寄付進路体験機関認証

    04月済州特別自治道優秀博物館の認証、「ペプレプ済州国際ライセンス認証/箇所

    03月博物館內ディーン・ヘス大佐公的記念碑建設

  • history 2016

    05月上海市の航空学会(上海航空宇宙科学普及館)と釜山人的資源開発院の業務協約を締結

  • history 2015

    02月国立光州科学館の業務協約を締結

  • history 2014

    12月国内の博物館初労働安全衛生マネジメントの認証(KOSHA18001)獲得

    10月済州建築文化大賞竣工建築物部門本賞

    09月航空宇宙博物館「無限想像室」箇所

    06月韓国科学宇宙青少年団の業務協約を締結

    04月航空宇宙博物館の開館と運営

  • history 2013

    12月航空宇宙博物館竣工、国立高興青少年宇宙体験センターの業務協約を締結

  • history 2011

    11月韓国天文研究院の業務協約を締結

    08月韓国航空宇宙研究院の業務協約を締結

  • history 2010

    10月航空宇宙博物館の建築工事着工

    05月国立果川科学館の業務協約を締結

  • history 2009

    11月米国スミソニアン財団の業務協約を締結

    05月航空宇宙博物館の建設事業起工式

    02月JDC-空軍本部 - 済州特別自治道の3者間の航空宇宙博物館の建設契約を締結

  • history 2008

    11月航空宇宙博物館最終事業者にJDCと済州特別自治道選定

観覧案内

開館時間 午前9:00~午後6:00
  • 展示観覧券の発券時間 : 終了1時間前まで
  • テーマ館利用券の発券時間 : 最終回の10分前まで
休館日 毎月第3月曜日
  • ただし、当該月曜日が祝日の場合、祝日後の最初の平日

料金案内

区分 一般 済州道民/有功者/障がい者(4、5、6級)
大人 青少年/軍警 子供/シニア 大人 青少年/軍警 子供/シニア
個人 10,000 9,000 8,000 8,000 7,000 6,000
団体(10人以上) 9,000 8,000 7,000 7,000 6,000 5,000
 詳細はこちら 

ロケーション

제주항공우주박물관 지도

観覧情報

空に向かう人間の想像実現

空に向かう人類のたゆみないチャレンジと歴史、26機の実物航空機と大韓民国空軍の歩み、機体構造と飛行原理体験、未来の航空技術とビジョンを眺望します。

 詳細はこちら  
  • 実物航空機、空中浮揚展示場

  • 航空の歴史

  • 大韓民国空軍ギャラリー

  • 航空機の隠れた秘密

  • 世界を変える航空技術

  • How Things Fly

宇宙に向かう人類のパノラマ

古代から始まった東西両洋の天文学の歴史、宇宙開発の現場と未来宇宙時代の姿、太陽系と銀河系、ブラックホールなど無限の宇宙空間と137億年に達する宇宙生成の神秘を探ります。

 詳細はこちら  
  • 空を見つめる科学、天文学

  • 宇宙散歩

  • 宇宙に向かうチャレンジ、宇宙探検

  • 未知の宇宙世界

  • 未来への招待

五感を満足させる想像の体験空間

教育的な興味とエンターテインメントを加味し、五感を満足させる想像の体験空間、時空を超越した楽しい宇宙旅行、未来の宇宙時代に向かう情熱と夢を育てます。

 詳細はこちら  
  • 5Dサークルビジョン

  • 動画館

  • インタラクティブウォール

  • インタラクティブ教育空間

  •  拡張現実雷レーシングテーマ館

    拡張現実雷レーシングテーマ館

教育プログラム

参加人員、総82,083人(社会貢献活動、ファブラボ済州、教育体験プログラム、自由学期制を含む)

  • 1,008%

    사회공헌활동 社会貢献活動 4,224人(押し) 2014年 176人 → 2017年 1,774人
  • 508%

    교육/체험프로그램 教育/体験プログラム 77,859人(押し) 2014年 4,936人 → 2017年 25,083人
  • 144%

    자유학기제 自由学期制 5,085人(押し) 2014年 600人 → 2017年 865人
  • 3年連続

    고객만족도우수등급 顧客満足度の優秀等級を獲得 国民を対象とした政府顧客満足度の評価優秀(2015 ~ 2017)

JAM社会貢献活動

地域共存コミュニケーションプログラムを運営

  • 訪れる博物館教育アカデミー

    (学校招請及び訪問型)

    찾아가는 박물관
  • 共にする博物館教育アカデミー

    (機関協力型)

    함께하는 박물관함께하는 박물관
  • 動く博物館教育アカデミー

    (フェスティバル参加型)

    움직이는 박물관움직이는 박물관

文化のある博物館アカデミー

  • 関連分野の専門家招請講演

    (航空宇宙科学フェスティバルなど)

    항공우주과학 축제
  • 文化イベント科学文化行事

    (マジックサイエンス、バブルサイエンスなど)

    매직사이언스, 버블사이언스 등
  • サイエンスプラスプロジェクト

    (科学機材の寄贈+教育プログラム)

    과학기자재 기증 + 교육프로그램

FAB-LAB JEJU(創意想像工作所)

FAB-LAB JEJU(創意想像工作所)とは?

創意想像工作所はMaker spaceを通じて教育活動及び創作活動を支援する文化複合空間です。
Fab-Lab : 制作(Fabrication)、実験室(Laboratory)の合成語で、3Dプリンターをはじめ、各種の製作装備を備えた創作支援空間を意味します。
MITメディアラボを皮切りに、誰でもアイデアさえあれば、大きなコストをかけずに試作品を作れる空間で、現在は全世界で36か国に130か所程度が運営されております。

창의상상공작소배너

2014年から運営されていた無限想像室の運営事業が終了になったことにより、2017年、創意想像工作所にリノベーションして運営しております。
OPEN AM 9:30 | CLOSE PM 5:30

창의상상공작소 위치안내도